評判の病院記事一覧 | この症状は性病?新宿で評判の泌尿器科情報

HOME » 評判の病院

評判の病院

性感染症の診察はプライバシーに配慮してくれる?

性感染症に関わる診察

性行為をしたためにうつる病気を一般的に性病と言いますし、性行為感染症や性感染症などと呼ばれています。

性病の多くは決して怖い病気ではありませんが、適切な治療をしないで放置していて自然に治るものはないですし、場合によっては放置することで深刻な事態を招くこともあるのです。

また自覚症状の弱い性病はどうしても気付くのに遅れると共に、治療が遅れてしまうこともあるので、もしかしてと気になる時は早めに病院を受診して検査・診察を受けましょう。

性感染症の診察はプライバシーに配慮してくれる? ≫ Click

化粧品で肌が荒れたときは

化粧品による肌荒れ

化粧品を使うとお肌をきれいに整えられますが、これが肌荒れの原因になる場合もあります。

そのようなことがないように十分注意して作られていますが、お肌との相性はどうしてもあり、合わない化粧品を使ったときは肌荒れすることもあるのです。

初めて使う商品など、お肌がむしろ荒れないか使用後は十分に注意しておき、何か違和感や異変があれば使用を中止するようにしてください。

化粧品で肌が荒れたときは ≫ Click

診察時に感染ルートの情報は必要?

感染ルートの必要性

性病の診察を受けるときに感染ルートの情報は必要なのか、実際に病院に行く前になると気になりますよね。
これは特に必要ありません。
病院で行うのは性病に感染しているかどうかの診断と、感染しているとわかったらその病気の治療となります。
その性病に感染したルートの解明などはしないのが一般的です。
診察時に感染ルートの情報は必要? ≫ Click

泌尿器の症状と診察

泌尿器の症状と診察

性病が性器周りで感染すると泌尿器に症状が現れる場合もあります。

たとえば男性の性器クラミジアや性器淋病です。
これらに男性がなると尿道炎が起き、排尿時の痛みやかゆみ、違和感や不快感、尿道からの膿といった症状が現れます。
性器の症状のように感じるかもしれませんが、患部は尿道となり、泌尿器の症状となります。
発熱などはそれほどないため、日常生活は普通に送れる場合もありますが、おしっこのたびに日頃はない症状が現れてお悩みになることはよくあります。

このように性病による泌尿器の症状が現れたら泌尿器科で診察を受けるといいでしょう。
泌尿器の症状と診察 ≫ Click

前立腺の診察

前立腺の診察

前立腺とは男性にだけある生殖器となりますが、ここが病気になることもあります。
また、何か症状が出ており、その原因が前立腺にあると病院を受診して判明することもありますね。
なにか症状が出ているときや、前立腺の異常を早期発見したいときなど、こまめに前立腺の診察を受けるといいでしょう。
しかし男性器のように表に露出している部位ならともかく、前立腺は体の内部にある臓器となり、普段は意識する機会がほとんどありませんよね。
こちらの診察を受ける機会というと、何か症状が出ているときが多くなるでしょう。
前立腺の診察を受けるきっかけとなる症状とはどんなものがあるでしょうか?
前立腺の診察 ≫ Click

性病の症状

性病の症状とは?

性行為や風俗の利用からしばらくたったあと、気になる症状が出始めたらそれは性病なのではと不安になる方もおられるでしょう。
実際に性病の症状とはどんなものなのでしょうか?
いくつかご紹介します。

排尿時の異常

男性の性器がクラミジアや淋病に感染したときによく起こる症状です。
どんな異常かというと、たとえばおしっこをしたときに痛い、違和感があるといったものです。
具体的にどんな症状となるか、痛みがあるとしてどの程度かは性病の種類のほか、個人差もあります。
ただ、これまではなかった排尿時の異常が出た場合、それはクラミジアや淋病といった性病の可能性があります。

尿道から膿が出てくる

やはり男性の性器がクラミジアや淋病に感染したときに起こる症状です。
尿道から出てくるのは通常は尿や精液となり、それ以外のものが出てくることはありませんよね。
クラミジアや淋病といった性病に感染すると、尿道から膿が出るといったこともあります。

おりものが増える

女性の性器がクラミジアや淋病に感染したときの症状となります。
普段よりもおりものが増えた場合、それが性病の症状となる場合があります。

不正出血

生理でもないのに出血するというこの不正出血も、女性の性器がクラミジアや淋病に感染したときの症状の一つとなっています。
陰部からの出血が気になるときは性病の可能性も考えてみてください。

風邪のような症状

性病が原因で風邪のような症状が出ることがあります。
たとえば喉がクラミジアや淋病に感染したときのほか、梅毒でも同じように風邪のような症状が出ることがあります。
また、HIVに感染したときも初期には風邪のような症状を経験することになります。
ずっと風邪のような症状が続いている、休養をとってもなかなか治らない、性病に感染する出来事があったといった条件に該当する方は性病の可能性も考えてみるといいでしょう。

発疹

梅毒になったときの典型的な症状です。
初期感染時の症状から次の段階へと進行したとき、全身にバラ色の発疹が出ます。
手のひらや足の裏にまで発疹が出るのが特徴です。
これが出たら梅毒に感染した可能性を考えるといいでしょう。

性病かなと思ったら

性病の症状をいくつかご紹介しましたが、これ以外にもたくさんの性病の症状があります。
気になる症状が出ており、さらに性病に感染するきっかけがあった方など、一度病院を受診してみるのもおすすめです。
性病はどこの病院に行けばいいのかというと、性病に対応できる泌尿器科、性病科などとなります。
そちらで相談してみてください。

泌尿器の違和感と病状

泌尿器に起こる異常

性病かもと思う病状に泌尿器の違和感があります。
たとえば尿道で起こる性病の場合、尿道に違和感があるという症状が出ます。
尿道の感覚をこれまで意識したことがない方もかなり多いでしょうが、何か違和感があってそれを意識するようになると、それは性病の可能性があります。
そのような症状が出る性病とはどんなものかというと、たとえばクラミジアや淋病など代表的な病気です。
男性の尿道がこれに感染すると違和感を覚えたりするのです。
泌尿器の違和感と病状 ≫ Click

痛みの病状

性病による痛みとは

性病になると痛みが出るのか、すでに気になる痛みが出ているとここが気になりますよね。
性病の種類にもよりますが、その種類によっては病状として痛みが出る場合があります。
たとえばクラミジアや淋病です。
これらは患者数が多いため感染する機会の多い病気となっていますが、これになると痛みが出る場合があります。
痛みの病状 ≫ Click

しこりの病状

しこりがあると性病?

これは性病かなと気になる病状としてしこりがあります。
性器や肛門といった部位にしこりができると、もしや性病かと不安になる方もおられるでしょう。
その病状は性病なのかというと、その可能性はあります。
性器や肛門といった部位にしこりができる性病として梅毒があります。
しこりの病状 ≫ Click

発疹の病状


性病になったときに発疹の病状は出るのでしょうか?
性病に感染した可能性のある出来事のあと、体に見慣れない発疹が出てきた場合にかなり気になりますよね。
発疹が出る性病もありますから、もし性病かもしれないと思ったらすぐに病院で検査や治療を受けるといいでしょう。
発疹の病状 ≫ Click