評判の病院記事一覧 | この症状は性病?新宿で評判の泌尿器科情報

HOME » 評判の病院

評判の病院

泌尿器科で良い病院を探す

泌尿器科へ通いたいけど、良い病院ってどんなところ?

下半身に関する悩みがある場合、泌尿器科を受診しますが、行くのにも勇気がいりますしできれば一回目で良い病院に当たりたいというのが多くの人の本音ではないでしょうか?
泌尿器科は新宿にも数多くあって、個人でやっている病院・クリニックもあれば総合病院もあります。

個人で経営しているところにはいわゆるメンズクリニックと呼ばれる男性専門のところもありますし、総合病院では詳しい検査を受けることができますので症状に応じて通ってください。

泌尿器科で良い病院を探す ≫ Click

性病の検査を受けよう

性病は自分が傷付くだけではない

クラミジアなど性病に感染してしまうと自分だけではなく、パートナーをはじめとした周りの人にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

なぜなら、性病は粘膜から感染するものがほとんどなので、セックスやオーラルセックス、ディープキスでも感染するからです。

たとえば自分のパートナーとセックスをしたあとで、性病にかかっていることが発覚した場合、おそらくパートナーが浮気をしているかもしれない…と疑うでしょう。

しかし性病は潜伏期間が過ぎても症状が出てこないこともありますし、そういう状態だと気付かずに長い間放置していたということも当然考えられます。

ですから一概に浮気をしているとは言えませんが、性病に感染していること自体は大きな問題ですし、感染しないために予防することはとても重要になります。

性病を予防するためにもっとも有効な手段は検査を受けることで、定期的に検査をしておけば安心してセックスも楽しめます。

性病の検査を受けよう ≫ Click

泌尿器科へ行くべき症状

泌尿器科へ行くのは恥ずかしい

泌尿器科と聞くと「行くのが恥ずかしい」「誰かに見られたらどうしよう」そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
しかし泌尿器科にかかる必要がある症状は放っておいても治ることがないものが多いので、そういった理由で放置してしまうと、どんどん症状が悪化してしまいかねません。

それに最近ではそのあたりの配慮をしてくれている泌尿器科も多く、たとえば誰にも会わずに診察が受けられるところもありますし、男性専門にしていてスタッフもすべて男性で揃えているところもあります。

総合病院だと少し離れた目立たない場所に設置しているところがほとんどですが、まったく人目につかない場所というわけではありません。

ただ基本的に配慮をしてくれているので、まだ行ったことがない人は泌尿器科とはどんなところなのか、どういう特徴があるのか病院ごとに情報収集してみるといいでしょう。

泌尿器科へ行くべき症状 ≫ Click

痛みといった病状が見られる性感染症は

性感染症は早期発見が大事

性感染症とは、セックスなどの性行為によって感染する病気のことで、昔は性病と呼ばれていましたが、現在では性感染症やSTD・STIという名称で呼ばれるようになったのです。

ちなみに、STDのDiseasesは病気という意味で、STIのInfectionsは感染症という意味があります。

しかし、日本ではSTDとSTIの2つ共に性感染症という意味で使用されているのです。

性感染症は、全てで自覚症状が必ずあるとは限らない病気で、そのため感染したことに気づいた時には、病状が悪化していたり多くの人に感染させていたりすることも考えられます。

そのようなことにならないための対処方法として最も大事なことは、なるべく早い段階で治療を行うことです。

痛みといった病状が見られる性感染症は ≫ Click

しこりや発疹の病状があらわれたら検査を

しこりや発疹があらわれたら

梅毒に感染しているかどうかは血液検査でわかりますが、感染してから数週間は検査をしても陰性になることがあるため、感染から3週間程度経過してから検査をする必要があります。
実は感染から3週間程度経過していると、しこりや発疹などの病状が出てくるので、そのような病状がある場合はすぐに病院などを受診して検査を受けることが大事です。

ただ梅毒は感染してからの経過期間と病状で第1期から第4期に分けられていて、その期間であらわれていた病状が消えたり、何の病状もない期間があったりします。
しかし梅毒は、無症状の状態で進行し続けることがあって、これで梅毒に感染していないとか、治ったと判断することはできないのです。
ですから、安心せずに気になる病状が一度でも見られたら、病院などを受診して完治の診断が出るまで治療を続けることが重要になります。
それから梅毒は第2期までに治療を始めると完治して障害が残るようなこともないので、早期に医療機関を受診して治療を開始することです。
しこりや発疹の病状があらわれたら検査を ≫ Click

その発疹の病状は梅毒かも?

梅毒が増えている?

近年日本では、若い男性だけではなくて20歳代を中心とした女性の中でも梅毒が流行しています。

このように、梅毒は決して過去の病気ではなくて、若い世代に流行している身近な性感染症といえるのです。

また性感染症をそのまま放置していることは、重篤化や感染の拡大・まん延に繋がってしまう可能性があります。

その為、もしかしたら性感染症かもしれないと気になる時は、保健所や医療機関を受診して早期発見・早期治療を行うことが大事です。

その発疹の病状は梅毒かも? ≫ Click

性感染症の診察はプライバシーに配慮してくれる?

性感染症に関わる診察

性行為をしたためにうつる病気を一般的に性病と言いますし、性行為感染症や性感染症などと呼ばれています。

性病の多くは決して怖い病気ではありませんが、適切な治療をしないで放置していて自然に治るものはないですし、場合によっては放置することで深刻な事態を招くこともあるのです。

また自覚症状の弱い性病はどうしても気付くのに遅れると共に、治療が遅れてしまうこともあるので、もしかしてと気になる時は早めに病院を受診して検査・診察を受けましょう。

性感染症の診察はプライバシーに配慮してくれる? ≫ Click

化粧品で肌が荒れたときは

化粧品による肌荒れ

化粧品を使うとお肌をきれいに整えられますが、これが肌荒れの原因になる場合もあります。

そのようなことがないように十分注意して作られていますが、お肌との相性はどうしてもあり、合わない化粧品を使ったときは肌荒れすることもあるのです。

初めて使う商品など、お肌がむしろ荒れないか使用後は十分に注意しておき、何か違和感や異変があれば使用を中止するようにしてください。

化粧品で肌が荒れたときは ≫ Click

診察時に感染ルートの情報は必要?

感染ルートの必要性

性病の診察を受けるときに感染ルートの情報は必要なのか、実際に病院に行く前になると気になりますよね。
これは特に必要ありません。
病院で行うのは性病に感染しているかどうかの診断と、感染しているとわかったらその病気の治療となります。
その性病に感染したルートの解明などはしないのが一般的です。
診察時に感染ルートの情報は必要? ≫ Click

泌尿器の症状と診察

泌尿器の症状と診察

性病が性器周りで感染すると泌尿器に症状が現れる場合もあります。

たとえば男性の性器クラミジアや性器淋病です。
これらに男性がなると尿道炎が起き、排尿時の痛みやかゆみ、違和感や不快感、尿道からの膿といった症状が現れます。
性器の症状のように感じるかもしれませんが、患部は尿道となり、泌尿器の症状となります。
発熱などはそれほどないため、日常生活は普通に送れる場合もありますが、おしっこのたびに日頃はない症状が現れてお悩みになることはよくあります。

このように性病による泌尿器の症状が現れたら泌尿器科で診察を受けるといいでしょう。
泌尿器の症状と診察 ≫ Click